コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカタケ(烏賊茸) イカタケAseroe arachnoidea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカタケ(烏賊茸)
イカタケ
Aseroe arachnoidea

担子菌類腹菌目アカカゴタケ科。腐植質の多い土壌の表面近くに,初め径 1.5~4cmの球形の菌蕾 (きんらい) を生じる。成熟するとその上部が裂けて地上に柱状の子実体が伸びる。頭部は7~15本に裂け,先が伸びてイカの足のような形になる。この足状枝を広げた形はちょうどイソギンチャクのようで,中央には黒褐色で異臭のある粘液物質を分泌する。その液中には無数の担子胞子が入っている。日本の本州各地をはじめ台湾,中国,東南アジアにかけて発見されているが稀産である。この種によく似たものとしてアカイカタケ A. rubraが知られている。これは頭部の分枝した部分が美しい紅色を呈する。同じく稀産であるが本州,四国,九州をはじめジャワ,スマトラ,オーストラリア,南アメリカにまで発見の記録がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android