コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカタケ いかたけ

1件 の用語解説(イカタケの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカタケ
いかたけ / 烏賊茸
[学]Aseroe arachnoidea Fisch.

担子菌類、スッポンタケ目アカカゴタケ科のキノコ。脚(あし)を広げて逆立ちするイカを思わせる奇妙な形で目を引く。脚に似た部分を腕といい、数は7~15本で、長さ1~6センチメートルほど、高さ5~10センチメートルで、それが太さ2~3センチメートルの胴の上端から四方に広がる。全体は白いが、腕の内面は黒褐色で強い悪臭を放ち、粘液を帯びる。この粘液は胞子の集まりである。全体はもろい海綿質で、胴は中空。胴の根元は膜質のふくろ(つぼ)で包まれる。幼菌はこのふくろの中に圧縮されて包まれる。ふくろ全体はカメの卵に似た球塊であり、径3~4センチメートル。もみ殻を捨てたあとなどに群生することがある。東南アジアから日本にかけて分布する。全体が紅色状になるものがあり、アカイカタケA. rubra La Bill.とよばれる。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイカタケの言及

【カゴタケ(籠茸)】より

…カゴタケに似て腕は太く色が赤いものをアカカゴタケClathrus ruber Pers.という。腕が2本で頂端で連なりカニのはさみに似ているカニノツメLinderia bicolumnata (Lloyd) Cunn.,下半部は柱状,上半部が3本に分かれその先端がつながるサンコタケPseudocolus schellenbergiae (Sumst.) Johns.,やや太い茎の先から多数の枝を出してそれを水平にひろげる風変りなイカタケAseroe arachnoidea Fisch.,アカイカタケA.rubra Bull.ex Fr.がある。いずれも発生はまれであるが,奇抜な形と悪臭で注目をひく。…

※「イカタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イカタケの関連情報