イカリモンハンミョウ

百科事典マイペディアの解説

イカリモンハンミョウ

鞘翅(しょうし)目ハンミョウ科の1種。体長12〜15mm。南方系の種で,日本の分布はその北限にあたる。砂丘につながる自然海岸に生息する。既知産地は数ヵ所を数えるにすぎない。また生息環境は,観光開発,護岸堤防などによって生存が脅かされている。絶滅危惧IB類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のイカリモンハンミョウの言及

【ハンミョウ(斑猫)】より

…分類上からはオサムシ科に近いが,オサムシが夕方から活動するのに対し昼間活動する。主として地上の明るいところにすみ,イカリモンハンミョウC.anchoralisは海岸の砂浜に,ミヤマハンミョウC.sachalinensisは山のがれ場に生息する。熱帯,亜熱帯には葉上に生活し,幼虫が枝に孔道をつくって小動物をとらえる種類も知られる。…

※「イカリモンハンミョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android