コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサキ島 イサキとうNísos Itháki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサキ島
イサキとう
Nísos Itháki

古代ギリシア語読みではイタケ Ithakē,ラテン語ではイタカ Ithaca。ギリシア西部,イオニア諸島中部の島。ケファリニア島の北東岸沖にあり,狭い地峡で結ばれた2つの石灰岩の山地から成る。中心集落イサキ。可耕地は少いが,オリーブ油,ワイン,干しぶどうなどを生産。ギリシア神話のオデュッセウスの故国とされる島で,前 800年頃のコリントの植民市の遺跡が発掘されているが,16世紀以降ベネチア人が植民を推進するまでほとんど無人島であった。 1953年地震により大きな被害を受けたが,その後復興。面積 96km2。人口 3646 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イサキ島の関連キーワードメタクサス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android