コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシノミ類 イシノミるいArchaeognatha; bristleta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシノミ類
イシノミるい
Archaeognatha; bristleta

イシノミ目に属する昆虫の総称。無翅類の1つ。体は 2cm以下で,円筒形に近い。褐色のものが多く,さらに濃い褐色の鱗片でおおわれる。触角は長く 30節以上,口器は咀嚼型で裸出している。眼はよく発達していて複眼となり,3個の単眼ももつ。肢は3対とも同形で6節。中肢と後肢の基節に基節板という突起がある。腹節は 10節を数えるが,第 11節は多節の尾毛となり,この左右に尾角が「八」の字状に出ている。マルピーギ管は 12~20本である。落葉,樹皮下,こけ,地衣類の生えた石面などに好んですむ。つかまえても,すぐ腹端を折り曲げ,地面をたたいてはねて逃げるので,イシノミの名がある。イシノミ Pedetontus nipponicusが代表種。日本にはほかに 13種ほどが記録される。 (→昆虫類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android