コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイールの墓廟 イスマーイールのぼびょう

世界大百科事典 第2版の解説

イスマーイールのぼびょう【イスマーイールの墓廟】

ウズベキスタン共和国,ブハラの北西部に位置する墓廟。〈サーマーン家の墓廟〉とも呼ぶ。サーマーン朝の唯一の遺構で,イスラム時代の墓廟としては最も古いもののひとつ。建立は10世紀の初期で,同朝第2代イスマーイールIsmā‘īlをはじめとする王子たちの墓所として使われたと考えられる。四方にそれぞれ開口部をもつ,9.0m×9.3mのほぼ正方形に近いプランで,半球形の大ドームを中央に,その周囲に装飾的な小ドームを4基載せる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android