コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イゼベル Jzebel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イゼベル
Jzebel

[生]?
[没]前845
前9世紀頃のイスラエルの王アハブの妻。シロ (ティルス) の王エテバアルの娘。熱心なバール神崇拝者で,王が「主の目の前に悪を行うことに身をゆだねた」のは,彼女がそそのかしたためといわれ (列王紀上 21・16) ,ヤハウェ預言者を迫害 (列王紀上 16・31,19・2) 。エヒウの暴動の際に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイゼベルの言及

【イスラエル王国】より

…また,アッシリア資料によると,オムリの子アハブは,シリア・パレスティナ地方において,当時最大の兵車隊を持っていた。しかし,アハブの王妃であったフェニキア人イゼベルが,フェニキアの神バアルの礼拝を強制して,ヤハウェ一神教を弾圧したため,オムリ王朝に対する激しい抵抗運動が起こった。これを指導した預言者エリヤとエリシャの影響下に,〈ヤハウェ主義革命〉が起こり,前842年ころエヒウJehuがオムリ家を滅ぼして王位についた。…

【エリヤ】より

…前9世紀の半ばに登場した古代イスラエル民族の預言者。オムリ王朝を築いたオムリは,サマリアを都とし,フェニキアと同盟し,その子アハブの王妃として,シドンから王妃イゼベルJezebelをめとらせた。イゼベルはフェニキアの主神バアルをイスラエルに導入し,ヤハウェ宗教を迫害した。…

※「イゼベル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イゼベルの関連キーワードイスラエルテュロスサマリアエリヤ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android