コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソノキ(磯の木) イソノキRhamnus crenata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソノキ(磯の木)
イソノキ
Rhamnus crenata

クロウメモドキ科の落葉低木。本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布し,湿地に生える。高さ3~4m。樹皮は灰褐色若枝は初め赤褐色の伏毛におおわれる。葉は有柄で互生し,倒卵状長楕円形で先が急に細まってとがり,長さ6~12cm,幅 2.5~3.5cm,縁に低鋸歯がある。側脈は6~10対。6~7月,枝上部の葉腋に小型の集散花序をつくり,黄緑色両性花を数個つける。花は径約 5mm,は外面に毛があり,萼筒は鐘形,萼裂片は三角形で直立する。果実はほぼ球形で径約 6mm,9~10月頃熟して紅色から紫黒色となる。和名は水辺に生えることによるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android