イットリウム族元素(読み)いっとりうむぞくげんそ(英語表記)yttrium group element

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イットリウム族元素
いっとりうむぞくげんそ
yttrium group element

希土類元素をさらに分類したときの一つの元素グループ。セリウム族元素に対する語。それらの水酸化物の塩基性が比較的弱いような元素で、分類の仕方にいくつかある。周期表中イットリウムとスカンジウムおよびランタノイド元素のうち、原子番号で高い順にガドリニウムからルテチウムまでの8元素を含めた10元素をいう。またこれにユウロピウムを加えた11元素をさすこともある。あるいは、これからさらにガドリニウムとテルビウムを除いた9元素をさす場合もある。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android