コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イデオロギー闘争 イデオロギーとうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イデオロギー闘争
イデオロギーとうそう

階級間のイデオロギーをめぐる対立と闘争。政治闘争は常にイデオロギー的対立という側面を伴っている。その理由は,政治権力自体が物理的統制と精神的統制の二重性から成るイデオロギー的権力であるからである。特にイデオロギー闘争を独自の闘争領域として政治闘争のなかに位置づけたのはレーニンであった。彼はブルジョア支配イデオロギーに対してプロレタリアートの理論と世界観を対置させつつ闘争を遂行しなければならないと提唱した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イデオロギー闘争の関連キーワードバイヤン(Roger Vailland)エフトゥシェンコインド共産党上杉 慎吉階級闘争戸坂潤

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イデオロギー闘争の関連情報