コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトオテルミー療法 イトオテルミーりょうほう

1件 の用語解説(イトオテルミー療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトオテルミー療法
イトオテルミーりょうほう

医師伊藤金逸 (1884~1971年) が 1929年に発明した「冷温器」という医療器具へ,点火した薬草入りの線香 (テルミー線) を挿入して行なう家庭療法。その刺激方法は,摩擦法 (マッサージの要領で刺激) ,点擦法 (皮膚の一点を圧迫刺激) ,空間法 (皮膚に直接触れず熱気と煙による吹き付け刺激) ,無針熱刺法 (皮膚の一点に火を近づけ瞬間的に高温刺激を与えるもの) の4法が基本となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトオテルミー療法の関連キーワード伊藤消えた女/彫師伊之助捕物覚えささやく河/彫師伊之助捕物覚え漆黒の霧の中で/彫師伊之助捕物覚え埼玉県鶴ヶ島市藤金伊藤金次郎金羅(3代,4代)近藤金羅(1)佐藤金一佐藤金属

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone