コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌノヒゲ(犬の髭) イヌノヒゲEriocaulon miquelianum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌノヒゲ(犬の髭)
イヌノヒゲ
Eriocaulon miquelianum

ホシクサ科の一年草。本州から九州,中国の原野に分布する。葉は多数根生し,線形で先はとがり長さ6~20cm。花茎は高さ5~10cm,やや細く4~6肋がある。秋,径3~4mmの頭花を多数つける。総包片は花の2~3倍の長さがあり,淡緑色で辺縁は透明膜質。花包は倒卵状楔形で先がとがり,背面に白色短毛がある。花弁は3枚あって下部は筒状に合着し,裂片に白色短毛と黒線がある。雌花は雄花よりやや長い。種子は倒卵状楕円形で長さ 1mm,表面に微小な鉤毛がある。和名は,突出した総包を「犬の髭」に見立てたものといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報