コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフ島 イフとう If

翻訳|If

3件 の用語解説(イフ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフ島
イフとう
If

フランス南部,マルセイユ南西方の小島。 16世紀に城塞が築かれ,のち監獄として利用された。 A.デュマの小説『モンテ=クリスト伯』で有名。現在は観光地として知られ,マルセイユから船が通う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イフ‐とう〔‐タウ〕【イフ島】

Île d'If》フランス南部、ブーシュ‐デュ‐ローヌ県、地中海に面する港湾都市マルセイユの沖合2キロメートルに浮かぶ島。16世紀に建造されたイフ城があり、政治犯の監獄として使用された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イフ島
いふとう
If

フランスの小島。地中海、マルセイユの沖2キロメートルに位置する石灰岩の島。16世紀に建設されたイフ城(シャトー・ディフ)があり、政治犯の監獄とされたことで知られる。デュマの小説『モンテ・クリスト伯』の舞台。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イフ島の関連キーワードタラスコン南欧イフ城エナCNESサントノラ島フォンビエイユレボードプロバンスブービエ・デ・フランダースデュランス[川]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イフ島の関連情報