コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフ島 イフとうIf

翻訳|If

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフ島
イフとう
If

フランス南部,マルセイユ南西方の小島。 16世紀に城塞が築かれ,のち監獄として利用された。 A.デュマの小説『モンテ=クリスト伯』で有名。現在は観光地として知られ,マルセイユから船が通う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イフ‐とう〔‐タウ〕【イフ島】

Île d'If》フランス南部、ブーシュ‐デュ‐ローヌ県、地中海に面する港湾都市マルセイユの沖合2キロメートルに浮かぶ島。16世紀に建造されたイフ城があり、政治犯の監獄として使用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イフ島
いふとう
If

フランスの小島。地中海、マルセイユの沖2キロメートルに位置する石灰岩の島。16世紀に建設されたイフ城(シャトー・ディフ)があり、政治犯の監獄とされたことで知られる。デュマの小説『モンテ・クリスト伯』の舞台。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イフ島の関連キーワード高橋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android