コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢島文夫 やじま ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島文夫 やじま-ふみお

1928-2006 昭和後期-平成時代の文化史学者。
昭和3年4月19日生まれ。42年京都産業大教授,60年宮城学院女子大教授。のちアジア・アフリカ図書館長。専攻は言語学,オリエント文化史。アラビア語,ヘブライ語独習。さらに古代オリエント諸語をまなび,楔形文字でかかれた「ギルガメシュ叙事詩」の邦訳を刊行。平成18年5月22日死去。78歳。東京出身。学習院大卒。著作に「ヴィーナスの神話」「文字の歴史」「解読」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢島文夫の関連キーワードシュー(古代エジプト神話)エル(古代西セム人の主神)ニナ(メソポタミア神話)シン(メソポタミアの神)船乗りシンドバッドの話エア(バビロニア神話)カー(古代エジプト)ジルジー・ザイダーンイブン・ジュバイルアッシュール(神)肥沃な三日月地帯メソポタミア神話ギルガメシュ物語シャンポリオンヒエラティックバイバルス物語ハマザーニーメソポタミアネフェルテムヒエログリフ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android