イブラーヒーム・パシャ(英語表記)Ibrāhīm Pasha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブラーヒーム・パシャ
Ibrāhīm Pasha

[生]1789. カバッラ
[没]1848.11.10. カイロ
ムハンマド・アリーの息子 (養子ともいわれる) で,エジプトの支配者。 1805年にエジプトに渡って父を助け,11年からは上エジプトで治安の回復にあたった。 16年にはアラビア半島のワッハーブ派の軍隊と戦ってこれに勝ち,ジッダ知事となった。 24年からのギリシア独立戦争に介入し,31年からのシリア征服戦にエジプト軍を率いて活躍し,33年シリア総督となり,40年に解任されるまでシリアの近代化に努めた。 48年,父からパシャの位を譲られてエジプトの事実上の支配者になったが,まもなく急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android