コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アブド・ラッビヒ Ibn `Abd Rabbihi, Abū `Umar Aḥmad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・アブド・ラッビヒ
Ibn `Abd Rabbihi, Abū `Umar Aḥmad

[生]860.11.29. コルドバ
[没]940.3.3. コルドバ
スペインのアラブ系文学者。恋愛詩にすぐれ,コルドバのウマイヤ朝の宮廷詩人となった。著書『たぐいなき首飾り』 al-`Iqd al-farīdは 25巻から成る名詩文選で,著者自身の詩も多く入れてある。アラビア語文学の粋を広い範囲にわたって集め,分類したもので,東方イスラム世界でも愛読され,アラビア語文学作品中,最も心を楽しませる書の一つとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・アブド・ラッビヒ
いぶんあぶどらっびひ
Ibn ‘abd Rabbihi
(860―940)

アラブの詩人・作家。スペインの後ウマイヤ朝のカリフ、ヒシャーム・イブン・アブドゥル・ラフマーンの一解放奴隷の子孫で、コルドバで一生を送る。青年時代は歓楽の巷(ちまた)をさまよい、世の快楽を詩に歌ったが、改悛(かいしゅん)して禁欲的な詩作に専念した。20巻以上に上るといわれる詩集は伝わらない。代表作『無類の頸(くび)飾り』は25部に分かれ、各部の標題に宝石の名をつけて、当時の東方アラブの広範な知識水準を伝えている。ただ、この書はスペインのアラブ文化については記述がないが、アラブ文学史上もっとも重要な文献の一つである。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

イブン・アブド・ラッビヒ

生年月日:860年11月29日
スペインのアラブ系文学者
940年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

イブン・アブド・ラッビヒの関連キーワード生年月日百科事典

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android