コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・マサッラ Ibn Masarrah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・マサッラ
Ibn Masarrah

[生]883. コルドバ
[没]931
スペインにおけるイスラム神秘思想運動の始祖といわれている。純粋存在である神の認識にいたる過程を,新エンペドクレス派的流出観に裏づけられた宇宙論に基づいて説明する。すなわち神から英知的実在である第1質料が最初に発出し,それに続いて順次4個の実体が発出するという宇宙論である。彼の思想はイスラム神秘哲学史上最大の思想家イブヌル・アラビーおよび中世ユダヤ哲学者イブン・ガビロル (アビケブロン) の思想形成に大きな影響を与えている。イブン・マサッラは晩年コルドバ近郊のシエラに庵を結び,スペインにおける最初の神秘思想家集団をつくった。主著『透徹せる解明の書』 Kitāb al-tabṣirah。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イブン・マサッラの関連キーワードザンジの乱惟宗氏承平ステファヌス7世(8世)ヨハネス11世認知症サポーター四谷の千枚田液体金属ナトリウム金属ナトリウムアッシュール

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android