コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・タグリービルディー Ibn Taghrībirdī

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・タグリービルディー【Ibn Taghrībirdī】

1409ころ‐70
マムルーク朝時代のエジプトの歴史家。父は小アジア出身のマムルーク(奴隷軍人)。早くからスルタンの宮廷に出入りし,マクリージーやアイニーなどの高名な学者に師事して歴史学をはじめとするイスラム諸学を修めた。また軍人としての才覚もあらわし,1445年にはパシャとしてメッカ巡礼団の保護に当たった。主著はイスラム初期からマムルーク朝時代に至る年代記《輝く星》。ほかに大部な伝記集《清浄な泉》がある。【佐藤 次高】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・タグリービルディーの関連キーワード愚中周及足利満兼アレクサンデル5世トガ・テムル朝社会保障関係費一般歳出平成19年度予算愚中周及シャールフライプチヒ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android