パシャ(英語表記)Paşa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パシャ」の解説

パシャ
Paşa

トルコエジプトイラクなどで使用された称号ペルシア語パードシャー (王) から派生したともいわれる。これは 13世紀セルジューク朝で使われはじめ,オスマン帝国時代には一部の軍人高官に与えられ,のちに州知事,官吏の特権的称号となった。トルコ共和国成立以後,高級軍人はこの称号をもっていたが,1934年全面的に廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「パシャ」の解説

パシャ

〘名〙 (paşa 元来は尊貴な者に対する敬称) オスマン‐トルコ帝国時代、スルタンが高級官僚や軍司令官などにあたえた称号。
※西洋旅案内(1867)〈福沢諭吉〉上「カイロといふ所に、パシャとて城代の如き者ありて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「パシャ」の解説

パシャ

オスマン帝国で用いられた高官に対する尊称。軍司令官,将官,地方長官に対して使ったが,特定の官職に対する呼称ではない。正式にはオスマン朝廃絶後は使用されないが,口語として残る。
→関連項目グラブ・パシャ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「パシャ」の解説

パシャ
pasha

トルコの高官の尊称
高級軍人や大臣に与えられたが,特にオスマン帝国皇帝が任命した各地の高官をさすことが多い。近代になるにつれその範囲は拡大したが,オスマン帝国の崩壊以後,1934年に全て廃止された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「パシャ」の解説

パシャ【paşa】

トルコおよびエジプトなどオスマン帝国の支配下に置かれた地域で使われた称号。語源については,ペルシア語の〈パーディシャー(支配者)〉,トルコ語の〈バシュ・アガ(兄)〉などに由来するという説があるが定説はない。13世紀前半ころから使われ始め,ルーム・セルジューク朝やトルコ系諸侯国で,軍事的・宗教的指導者の称号として与えられた。オスマン朝では,主として,ベイレルベイ(州軍政官),首都のワジール(大臣)その他の少数の高官に与えられた称号であったが,時代が下るにつれてこの称号が与えられる範囲は拡大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android