コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイニー

2件 の用語解説(アイニーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アイニー

中央アジア,タジキスタンの文学者。自らも参加したブハラにおけるソビエト革命(1920年)後はタジク共和国の要職を歴任。アンソロジータジク文学精選》(1926年),小説《ドフンダ》(1930年),《回想録》(1949年−1954年)などの作品があり,タジク・ソビエト文学の創始者と位置付けられる。
→関連項目ボロジン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アイニー【Sadriddin Aini】

1878‐1954
中央アジア,タジキスタンの文学者。ブハラ近郊の農村に生まれ,ブハラのマドラサ(学院)に学んだ。ブハラ・ハーン国時代には教育改革運動に従事し,ブハラ革命(1920)にも貢献した。革命後はタジク共和国の要職を歴任。著作には同時代のブハラ社会を活写した小説《ドフンダ》(1930),《回想録》(1949‐54。ロシア語よりの邦訳《ブハラ》),10世紀以来のタジク文学の精華を集めた《タジク文学精選》(1926)などがあり,タジク・ソビエト文学の創始者とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアイニーの言及

【ボロジン】より

…中央アジアの歴史と文化とに傾倒し,おもにウズベク共和国で活動した。中央アジアの民衆生活を描いた《最近のブハラ》(1931),ティムールの生涯を題材とした三部作《サマルカンドの星》(1953‐73)などのほか,アイニーの回想録のロシア語訳《ブハラ》でも知られる。なお,ロシア史に取材した《ドミトリー・ドンスコイ》(1942)はソ連邦国家賞を受賞した。…

※「アイニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイニーの関連キーワードスタジアムソグディアナタジク中央アジアトルキスタンフェルガナユーラシア経済共同体パミール花剌子模ソグド人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイニーの関連情報