コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マムルーク mamlūk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マムルーク
mamlūk

奴隷を意味するアラビア語。複数は mamālīk。一般には,奴隷として購入され,のち解放された軍人エリートの意味に用いられる。マムルークとして購入されたのはトルコ人,キルカシア人を中心にモンゴル人,クルド人,ギリシア人,アルメニア人など。イスラム国家におけるマムルークの採用はアッバース朝ムータシム (在位 833~842) に始り,その後イスラム圏の各王朝はマムルーク軍団をもつようになった。エジプトのアイユーブ朝スルタンサーリフ (在位 1240~49) がつくったマムルーク軍団は,やがてスルタンをしのぐ勢力となり,マムルーク出身の将軍たちはエジプト,シリアにマムルーク朝を建てるにいたった。 16世紀にオスマン帝国がアラブ地域を征服したのちも,地方支配の実権は徴税請負人であるマムルーク・ベイが握り,この体制が 19世紀のムハンマド・アリーの時代まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マムルーク(〈アラビア〉Mamlūk)

《所有されるものの意》10世紀ころから西アジアの各地で増大した、トルコ人を主とする軍隊奴隷のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マムルーク【mamlūk[アラビア]】

黒人奴隷兵(アブド)に対して,トルコ人,チェルケス人,モンゴル人,スラブ人,ギリシア人,クルドなどのいわゆる〈白人〉奴隷兵を指す。グラームghulāmともいう。8世紀初めにアラブ軍がアム・ダリヤ以東に進出してイスラムの支配権を確立すると,多くのトルコ人が戦争捕虜や購入奴隷としてイスラム世界にもたらされた。これ以後,イスラム軍の中にはアラブ以外にトルコ人マムルークも加わるようになったが,大量のマムルークを購入して親衛隊を組織したのは,アッバース朝のカリフ,ムータシム(在位833‐842)であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマムルークの言及

【イスラム】より

…このようにイマーム論を除き,スンナ派と十二イマーム派との間に融和の余地がないわけではなく,歴史上,十二イマーム派をジャーファルJa‘far派と呼んで,スンナ派の四法学派と並んで位置づける試みも再三にわたってなされたが,結局さしたる効果をあげなかった。【嶋田 襄平】
[近代のイスラム]
 ナポレオン軍に占領されたカイロで,歴史家ジャバルティーは,激動のヒジュラ暦1213年(1798∥99)最大の事件は,エジプトからのメッカ巡礼がやんで,マムルーク朝時代以来毎年の慣行となっていたキスワ(カーバの覆い)が送れなかったことだったと記した。外からの力の衝撃よりも,内的な力の衰弱が重大視されていた。…

【シリア】より

…イスラム側の勢力を統一して十字軍に対抗するにはかなり時間がかかったが,ザンギー朝(1127‐1222)のヌール・アッディーンによってかなり推進されたこの事業を,サラーフ・アッディーン(サラディン)が完成させた。サラーフ・アッディーンはマムルーク(奴隷軍人)の力を結集し,その活動の結果,十字軍は地中海沿岸地方に押し込められた。十字軍時代のシリアは,政治的衝突と戦争の時代であると同時に,奇妙な共存と連合の時代でもあった。…

【奴隷】より

…日本の諸説と比較した場合,時期の設定がはるかに古くなっていることと,総体的奴隷制の考え方があまり適用されていないことが特徴といえるであろう。賤民【岩見 宏】
【イスラム社会】
 アラビア語では,自由人(フッルḥurr)に対して奴隷一般をラキークraqīqというが,通常は男奴隷をアブド‘abdあるいはマムルークといい,女奴隷をアマamaあるいはジャーリヤjāriyaと呼ぶ。イスラム法の規定では,奴隷は異教徒の戦争捕虜か女奴隷の子どもに限られ,債務奴隷の存在は原則として否定された。…

※「マムルーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マムルークの関連キーワードスルタン・ハサン・モスクとマドラサイブン・タグリービルディーアイン・ジャールートの戦いアイン・ジャールートの戦シャジャル・アッドゥッルスルターンハサンモスクイブラーヒーム・ベイイブン・ハルドゥーンシャイフ・アルバラドエルサレム考古学公園スライマーン・アガーバイバルス[1世]バイバルス(1世)アブルダハブモスクドゥルカディル侯国アクサー・モスクアブル・フィダードゥルカドル侯国フルバシナゴーグイブン・イヤース

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android