コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イマチニブ Imatinib

デジタル大辞泉の解説

イマチニブ(Imatinib)

抗癌剤(こうがんざい)の一つ。慢性骨髄性白血病消化管間質腫瘍などに対して使用される分子標的治療薬。商品名グリベック。2001年にスイスの製薬会社ノバルティスファーマが発売。慢性骨髄性白血病の原因となるBCR-ABLという異常なたんぱく質や、消化管間質腫瘍の原因となる異常なKITたんぱく質と結びつく特定のチロシンキナーゼの働きを阻害することによって、骨髄造血幹細胞や腫瘍の増殖を抑える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イマチニブの関連キーワードテーラーメード薬物療法分子標的薬制癌剤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android