コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イマーゴ Imago[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

イマーゴ【Imago[ドイツ]】

本来はラテン語でイメージを意味する語。ユングが用いた概念で,シュピッテラーの小説《イマーゴ》(1906)にヒントを得て考えついたと言う。個人が他人を把握する仕方を方向づける無意識的人物原型を言う。ある個人が幼児期に家族との関係において,現実的および空想的に体験することを基にして形成されると考えられる。個人はそのイマーゴに基づいて他人を見るわけである。ユングの初期の概念であって,後にはあまり用いていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イマーゴの関連キーワードミネリ(Vincente Minnelli)ユリイカ(文芸雑誌)ハイパーゼットン清水 康雄ニコライコフマン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android