イマーム・アルハラマイン(英語表記)Imām al‐Haramayn

  • Imām alHaramayn

世界大百科事典 第2版の解説

1028‐85
アシュアリー派のイスラム神学者,シャーフィイー派の法学者。セルジューク朝のワジール(宰相),クンドリーの迫害を受け,一時,ホラーサーンからメッカ,メディナの聖都に逃れ,ここから〈二聖都(ハラマイン)の師(イマーム)〉と呼ばれた。やがて同朝のワジール,ニザーム・アルムルクに迎えられ,ニーシャープールのニザーミーヤ学院で教鞭をとり,ガザーリーをはじめ多くの優れた学者を育てた。【中村 広治郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android