ニザーミーヤ学院(読み)ニザーミーヤがくいん(英語表記)al‐Madrasa al‐Niẓāmīya

世界大百科事典 第2版の解説

ニザーミーヤがくいん【ニザーミーヤ学院 al‐Madrasa al‐Niẓāmīya】

セルジューク朝の宰相ニザーム・アルムルクが自らの名を冠して設立した学院(マドラサ)。彼はイスマーイール派の活発な布教活動に対抗してスンナ派の神学と法学を振興させ,有能な官吏の養成を目的として1067年にバグダードに学院を設立したのをはじめとして,版図内の主要都市,たとえばニーシャープール,ヘラート,イスファハーン,メルブなどに同名の学院を設立し,教授陣の任免権を握った。アシュアリー派神学とシャーフィイー派法学を主要課目にハディース,文学などが教授され,イスラム文化の発達に大きく貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニザーミーヤ学院
にざーみーやがくいん
Madrasaal-Nimya

セルジューク朝の宰相ニザーム・アルムルクによってつくられた法学・神学校。ファーティマ朝のイスマーイール派宣教員に対抗して、国家宗教としてのスンニー派の擁護と、ウラマー、官僚の養成を目的として、領内の主要都市に建設された。そのうち、バスラ、モスル、イスファハーン、アーモル、ネイシャーブール、マルブ、ヘラート、バルフなどのものが知られている。とくに1067年に開設されたバグダードの学院は有名で、シャーフィイー派法学とアシュアリー派神学とが講じられ、ガザーリーもこの教授の任にあった。教授の任命にはニザーム・アルムルク自らがあたり、彼の死後は、その子孫がその権限を独占していた。[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニザーミーヤ学院の言及

【バグダード】より

…また,マームーンによって建設されたバイト・アルヒクマ(知恵の館)では,ギリシア語による医学・数学などの自然科学書がアラビア語に翻訳され,その活動の成果はアラビア科学の発展に大きく貢献した。ブワイフ朝に続いて1055年にバグダードに入城したセルジューク朝(1038‐1194)は,シーア派勢力の拡大に対抗してスンナ派のウラマーを養成する必要から,1067年ティグリス川東岸にニザーミーヤ学院を建設し,これがイスラム世界におけるマドラサ教育の先がけとなった。12世紀を通じてニザーミーヤ学院はなおイスラム諸学の中心的な地位を占めたが,1258年にモンゴル軍の侵入を受けると,バグダードはイル・ハーン国(1258‐1353)の一地方都市となり,イスラム文化の中心はマムルーク朝治下のカイロへと移行した。…

※「ニザーミーヤ学院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android