コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガザーリー al-Ghazālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガザーリー
al-Ghazālī

[生]1058. トゥース
[没]1111. トゥース
アシュアリー派のイスラム神学者,法学者,神秘思想家。ラテン名 Algazel。 1091~95年バグダードのニザーミア学院神学を教授。その後 10年間,メッカ巡礼をはさんでシリア各地を放浪し,その後故郷で隠遁の神秘生活をおくる。 1105年にニシャプールで一時教鞭をとったがすぐ辞し,再びトゥースに引退した。中世ラテン世界ではイブン・シーナーの弟子の哲学者と考えられていたが,彼はイスラムの教義を守るべく,ファーラービー,イブン・シーナーのアリストテレス的哲学を激しく批判した神学者であった。哲学者には,造物主の存在や,神が一者であり非物体であって個物を認識すること,人間の魂が肉体から独立して不死であることなどは証明できないし,世界の永遠性の主張や,復活,天国,地獄の否定はまちがいであるとした。敵である哲学自体をおのれの武器とした彼の批判は成功を収め,東方スンニー派世界でのイスラム哲学は衰退に向った。主著宗教諸学の再興』 Iḥyā' `ulūm al-dīn,『哲学者の自滅』 Tahāfut al-falāsifah。

ガザーリー
al-Ghazālī, Ahmad

[生]? トゥース
[没]1126
イランのイスラム神秘思想家。有名なスンニー派のアシュアリー派イスラム神学者であるガザーリーの弟にあたる。神と人間とは絶対的に隔絶しているというイスラムの基本的前提に抵触することなく,神への愛の可能性を示すことに成功した。そして愛する者と愛される者とが純粋な愛のなかで一体化しうるという思想に基づいて,きわめて文学的な手法でその説を展開している。主著『熱愛者の直感』 Sawānih al-`ushshāq。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ガザーリー

中世イスラム最大の思想家。ガッザーリーともいい,ラテン名はアルガゼルAlgazelホラーサーン地方の出身。1091年バグダッドのニザーミーヤ学院の教授となり,スンナ派イスラムを代表する学者として活躍したが,のちスーフィズムイスラム神秘主義)に傾倒,独自の修行論に拠りつつイスラム諸学の再解釈を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガザーリー【al‐Ghazālī】

1058‐1111
イスラム史上最も偉大な思想家の一人。ガッザーリーGhazzālīとも呼ばれる。ラテン名アルガゼルAlgazel。ホラーサーンのトゥースに生まれ,ニーシャープールのニザーミーヤ学院で当代の碩学イマーム・アルハラマインのもとでシャーフィイー派法学,アシュアリー派神学をはじめ,イスラム諸学を学ぶ。師の没後,セルジューク朝ワジール(宰相),ニザーム・アルムルクのもとに身を寄せ,やがてその抜群の才能と学識を認められて,1091年イスラム世界の最高学府であった首都バグダードのニザーミーヤ学院の教授として赴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガザーリー【al-Ghazālī】

1058~1111) イスラムの宗教思想家。イスラムの神学・法学と神秘主義とを統合させ、正統的神学を再構成した。著「哲学者の意図」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガザーリー
がざーりー
Ab mid al-Ghazl
(1058―1111)

イスラム教スンニー派の神学者、宗教思想家。ラテン名アルガゼルAlgazel。イランのトゥースに生まれ、ネイシャーブールの神学校でアシュアリー派神学の巨匠イマームル・ハラマインに師事し、神学、イスラム法学を学ぶ。
 早くから学者としての名声高く、セルジューク朝の宰相ニザーム・アル・ムルクの推挙により、当時スンニー派世界の最高学府であったバグダードのニザーミーヤ学院の教授となる。ここでスンニー派護教学者としてシーア諸派に対する批判の書を著したり、ヘレニズム哲学を研究、その批判の書を書いたりした。こうして教師、研究者、護教論学者として多忙を極める生活を送るうちに深刻な精神的苦悩に陥り、一種の失語症になる。1095年に教職を去り、いっさいを放棄して遍歴のスーフィー(イスラム神秘家)となり、中東各地を放浪した。それは霊魂の苦悩をいやすための旅であった。やがて真の信仰を体得して故郷のトゥースに帰り、著述と瞑想(めいそう)に専念する隠遁(いんとん)生活に入り、52歳でこの地に没した。
 実生活においても、精神的にも波瀾(はらん)に富む生涯を送ったガザーリーの思想はさまざまな側面をもっている。しかし、晩年に至って、主体的神体験を根拠とした独自の宗教思想を確立している。それはイスラム神秘思想から多くの影響を受けているが、神人合一思想のような極端な説を退け、人間精神の詳細な分析による自己認識の徹底を通し神認識に至る方法を開発している。このガザーリーの思想は、それ以後のスンニー派世界の思想的動向を決定的に規定している。また、このような宗教思想を完成する過程で書かれたヘレニズム哲学批判の書『哲学者の自己矛盾』は、スンニー派世界における哲学研究に致命的な打撃を与えた。著作はアラビア語、ペルシア語によってなされ、おびただしい数に上るが、『宗教諸学の再生』『幸福の錬金術』『哲学者の自己矛盾』『誤謬(ごびゅう)よりの救済』などが有名である。[松本耿郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガザーリーの言及

【イスラム】より

…イスラム神秘主義は,シャリーアの形式主義化に対する反動として生じ,神秘主義者はこのような結果を招いたものとしてウラマーを非難し,両者の関係は緊張していた。アシュアリー派の神学者ガザーリーは,イブン・シーナーの哲学を批判的に摂取するとともに,信者の最高の霊的体験としてのファナーfanā’を高く評価し,人格的な神秘的宗教体験のうえにスンナ派神学を再建した。ガザーリーこそ,神学者の敬虔さと哲学者の厳密な方法論,そして神秘主義者のひたむきな神への情熱を一身に統一し,イスラム思想に完成をもたらした人といえよう。…

【イスラム音楽】より

…ところがイスラム教徒の中にも,もっと積極的に音楽や舞踊そのものを典礼の中にとり入れ,これに陶酔することによってアッラーへの帰一を達成しようと考える一派がある。スーフィーと呼ばれる神秘主義者がそれで,11世紀の神学者ガザーリーの音楽擁護論がその隆盛の誘因となったといわれるが,いわゆるスーフィー教団では修道者(デルウィーシュ)たちが,ジクル(アッラーの名を繰り返し称えること)やサマー(音に聴き入ること)などの儀式において,ひたすら歌い踊ることによって神秘的体験を得て,魂を浄化し,信仰を深める。音楽的見地から重要なスーフィーの伝統として,今日トルコを中心に伝承されているメウレウィー教団の典礼を挙げることができる。…

【イスラム哲学】より

…イブン・シーナーの存在論・宇宙論は,やがて十二イマーム派の神学に摂取される。スンナ派の神学者ガザーリーは,《哲学者の矛盾》を著してイブン・シーナーらの哲学者の説の主要部分を分析批判し,あわせてシーア派神学の根拠を論破しようとしている。ガザーリーの哲学批判以後スンナ派世界では,イベリア半島のイスラム教国におけるイブン・ルシュドのアリストテレス研究を除いて,あまりみるべき業績がなくなった。…

【神秘主義】より

…これは新プラトン主義哲学やキリスト教からのみならず,ヒンドゥー教や仏教からも影響を受けて成立したといわれる。11世紀に活躍したイスラム最大の神学者であり同時に神秘家であるガザーリーによれば,スーフィーたる第1の条件は魂から神ならざるいっさいを引き離すこと,第2に燃えるような魂から発する謙虚な祈り(ドゥアー)と神の瞑想への集中である。こうして魂は神のうちに吸収されてゆく。…

【セルジューク朝】より

… 宮廷ではペルシア語が使われ,ペルシア文学,イスラム諸学の黄金時代を迎えた。詩人では,ウマル・ハイヤーム,アンワリー,神学者ではガザーリーが名高く,彼はまた,政治理論として,スルタンとカリフの相互依存関係を説いた。官僚としてはイラン人が登用された。…

※「ガザーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガザーリーの関連キーワードアイヌル・クダートゥル・ハムダーニーイフワーン・アッ・サファーイブン・トゥーマルトイブン・アラビーイスラム神学ジュワイニームハーシビー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガザーリーの関連情報