コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリオモテキクガシラコウモリ いりおもてきくがしらこうもり

1件 の用語解説(イリオモテキクガシラコウモリの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリオモテキクガシラコウモリ
いりおもてきくがしらこうもり / 西表菊頭蝙蝠
Iriomote horseshoe bat
[学]Rhinolophus imaizumii

哺乳(ほにゅう)綱翼手目キクガシラコウモリ科の動物。沖縄の西表島に分布する。頭胴長約5センチメートル、前腕長4~4.5センチメートル、翼開長25センチメートル。キクガシラコウモリとコキクガシラコウモリの中間の大きさで、耳介が幅広く、体上面が濃い褐色である。前2種に比べると顔の中央にある鼻葉が著しく異なるのが特徴で、本種の鼻葉の中央突起の先端はとがり、側面からみると後方にくぼみ、角(つの)状を呈する。上あごの犬歯の基部は太く、臼歯(きゅうし)も大きい。西表島の東部や西部の洞窟(どうくつ)、海食洞に20頭ほどの小群、ときに大群で生活する。日中は洞内で過ごし、日没と同時にねぐらを離れ、森林などで採食する。6月上旬に1子を出産する。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイリオモテキクガシラコウモリの言及

【キクガシラコウモリ】より

…旧世界だけから知られ,ユーラシア,アフリカ,オーストラリアの亜熱帯,熱帯に分布し,約70種がある。日本には体長4.2cmほど,前腕長3.8cmほどの小型のコキクガシラコウモリR.cornutus,体長4.5cm,前腕長4.3cmほどの中型のイリオモテキクガシラコウモリR.imaizumii,体長6.7cm,前腕長6.1cmほどの大型のキクガシラコウモリR.ferrumequinum(イラスト)の3種がいる。コキクガシラコウモリは国内では北海道から本州,四国,九州を経て奄美大島まで,キクガシラコウモリは同じく屋久島まで,イリオモテキクガシラコウモリは石垣島,西表島に限産する。…

※「イリオモテキクガシラコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone