コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレシネ bloodleaf

2件 の用語解説(イレシネの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イレシネ【bloodleaf】

ヒユ科マルバヒユ属の草本で,約80種が熱帯~亜熱帯地域に広く分布しているが,園芸的に利用されるのは,2種だけである。マルバビユI.herbstii Hook.f.(英名beefsteak plant,chicken‐gizzard)(イラスト)はブラジル原産の常緑多年草で,広卵形の葉を対生する。葉先は浅く切れ込み,紫赤色~暗緑色で,葉脈は黄色で目だつ。葉が黄緑色の変種キフマルバビユcv.Aureo‐reticulataがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イレシネ
いれしね
[学]Iresine

ヒユ科の多年草。葉は対生し、長さ3~5センチメートル。葉が広卵形のI. hebstii Hook. f.はマルバビユとよばれ、ブラジル原産で、明治中期に渡来した。葉が披針(ひしん)形のI. lindenii Lem.はエクアドル原産で、大正初期に渡来したものが知られている。マルバビユは変種が多く、葉が紫紅色のI. h. var. acuminata hort.や濃柴紅色のI. h. var. brilliantissima hort.、黄緑色のI. h. var. aureoreticulata hort.(黄斑(きふ)マルバビユ)が知られる。夏、秋に花壇用とされる。熱帯性なので冬は温室で越す。春、5センチメートルくらいの挿し穂で繁殖し、鉢仕立てにして露地に定植する。[猪股正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イレシネの関連キーワード比喩ポーチュラカアマランスパープル橙皮油冷ゆ譬喩歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone