コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝変り えだがわり bud variation; bud mutation

4件 の用語解説(枝変りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枝変り
えだがわり
bud variation; bud mutation

芽条変異ともいう。植物体の一部,ある枝の生長の初期に,その部分が体細胞突然変異を起して,モザイク状に変異部分が生じるもの。果樹の場合には変異部分の枝を接木 (つぎき) して,新しい品種を得ることができるので有用。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えだ‐がわり〔‐がはり〕【枝変(わ)り】

芽の生長点の細胞が突然変異を起こし、それから生じた枝全体が、他と異なる形質をもつようになること。芽条(がじょう)変異。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

枝変り【えだがわり】

植物の変異の一形態で,茎や枝の生長点の細胞に突然変異が起こり,樹木などの一部が変わった性質となること。花が一重から八重になったり,咲き分けたり,葉型が変化したり,斑入(ふいり)葉を生じたりする現象が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えだがわり【枝変り bud mutation】

茎や枝の生長点の細胞が突然変異を起こし,もとの茎や枝とは異なった果実,花,葉などをつけるようになることをいい,芽条変異ともいう。果樹や花では,有用な性質を持った枝変りが現れると,接木や挿木などで増殖し,新しい品種として利用する。果樹ではかんきつ類に枝変りによってできた品種が多く,ウンシュウミカンから早生ウンシュウ,ナツミカンから川野ナツダイダイ,イヨカンから宮内イヨが生まれている。また,リンゴのスターキングデリシャスはデリシャスの枝変りによってできた品種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枝変りの関連キーワードプロトプラスト培養遺伝子突然変異人為突然変異遺伝的変異抗変異原サイレント突然変異点突然変異突然変異誘発物質シストランス位置効果突然変異原

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone