コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレムニツキー Peter Jilemnický

2件 の用語解説(イレムニツキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イレムニツキー【Peter Jilemnický】

1901‐49
チェコ出身のスロバキアの散文作家。スロバキア社会主義文学の創始者。代表作にテンサイ栽培者と製糖工場の生活を描いた《ひとかけらの砂糖》(1934),スロバキア民族の蜂起を描いた《蜂起の記録》(1947)などがある。【千野 栄一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イレムニツキー
いれむにつきー
Peter Jilemnicky`
(1901―1949)

チェコスロバキアの小説家。文筆活動ばかりか実際の社会主義運動にも献身し、第二次世界大戦中はナチスによる強制収容所生活も経験した。チェコの出身であるが、スロバキアの本格的な社会主義文学の創始者と評価され、プロレタリア解放やナチスへの抵抗が作品の主題となっている。おもな長編は『未耕地』(1932)、『砂糖のかけら』(1937)、『記録』(1947)など。[飯島 周]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イレムニツキーの関連キーワード小協商スロバキアスロバキア語チェコチェコ語チェコスロバキアドプチェクマサリクモラバチェコスロバキアン・ウルフドッグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone