コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワガネゼンマイ

百科事典マイペディアの解説

イワガネゼンマイ

ホウライシダ科の常緑シダ。本州〜九州に分布。林の下などに多い。大きなものは1m以上になり,葉は卵状楕円形で,羽状複葉羽片は数対つき,最下部のものはさらに分裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワガネゼンマイ
いわがねぜんまい / 岩根薇
[学]Coniogramme intermedia Hieron.

イノモトソウ科の常緑性シダ。匍匐(ほふく)性の根茎から、広線状楕円(だえん)形の7~8対の羽片をもった葉をまばらに分出する。下部羽片はさらに羽状に分裂する。厚い洋紙状の堅い草質で、表面にはつやがあり、縁には細かい鋸歯(きょし)がある。胞子嚢(ほうしのう)群は葉脈に沿って線状につき、葉の縁から5ミリメートルを残して内側に並ぶ。羽片の先端は急に細くなり鋭くとがることで、先端がしだいに細くなるイワガネソウと区別できる。また、イワガネゼンマイは葉脈が二また状に分枝した遊離脈であり、一方のイワガネソウは羽片の中脈の隣に網状結合をつくることでも区別できる。日本各地の山林中に生育する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイワガネゼンマイの言及

【イワガネソウ】より

…朝鮮南部,台湾,中国に分布している。同属のイワガネゼンマイC.intermedium Hieron.と似ているが,後者では葉片の上部が急に細くなって尾状となり,葉脈は結合せず,根茎は短くかたまるので区別される。また後者は,暖地のものは常緑だが,北方のものは暖地に移しても冬枯れするなど,種内変異がある。…

※「イワガネゼンマイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イワガネゼンマイの関連キーワードイワガネソウ西田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android