コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワガネゼンマイ

2件 の用語解説(イワガネゼンマイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イワガネゼンマイ

ホウライシダ科の常緑シダ。本州〜九州に分布。林の下などに多い。大きなものは1m以上になり,葉は卵状楕円形で,羽状複葉。羽片は数対つき,最下部のものはさらに分裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワガネゼンマイ
いわがねぜんまい / 岩根薇
[学]Coniogramme intermedia Hieron.

イノモトソウ科の常緑性シダ。匍匐(ほふく)性の根茎から、広線状楕円(だえん)形の7~8対の羽片をもった葉をまばらに分出する。下部羽片はさらに羽状に分裂する。厚い洋紙状の堅い草質で、表面にはつやがあり、縁には細かい鋸歯(きょし)がある。胞子嚢(ほうしのう)群は葉脈に沿って線状につき、葉の縁から5ミリメートルを残して内側に並ぶ。羽片の先端は急に細くなり鋭くとがることで、先端がしだいに細くなるイワガネソウと区別できる。また、イワガネゼンマイは葉脈が二また状に分枝した遊離脈であり、一方のイワガネソウは羽片の中脈の隣に網状結合をつくることでも区別できる。日本各地の山林中に生育する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイワガネゼンマイの言及

【イワガネソウ】より

…朝鮮南部,台湾,中国に分布している。同属のイワガネゼンマイC.intermedium Hieron.と似ているが,後者では葉片の上部が急に細くなって尾状となり,葉脈は結合せず,根茎は短くかたまるので区別される。また後者は,暖地のものは常緑だが,北方のものは暖地に移しても冬枯れするなど,種内変異がある。…

※「イワガネゼンマイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イワガネゼンマイの関連キーワードアジアンタム雉の尾羊歯茶筅羊歯虎の尾羊歯両面羊歯立忍総羊歯蓬莱羊歯

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone