コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドシナ難民 インドシナなんみん

3件 の用語解説(インドシナ難民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドシナ難民
インドシナなんみん

ベトナム,カンボジアラオスなどインドシナ諸国から流出した難民。もともとはベトナム戦争末期,1975年のサイゴン陥落に伴い,旧南ベトナム体制側協力者が政治的理由から国外脱出をはかったことから始った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドシナ難民

1975年のベトナム戦争終結後、社会主義体制になったベトナム、ラオス、カンボジアからは、迫害や混乱を恐れる300万人以上がボートや陸路で国を脱出。日本政府は78~2005年にかけて約1万1千人を受け入れた。神奈川県は80~98年に大和定住促進センターが置かれたこともあり、全国有数の多住地域。横浜市北西部から県央、湘南などに住む。

(2016-05-23 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

インドシナなんみん【インドシナ難民】

1975年の南ベトナム崩壊以降に発生したベトナム・カンボジア・ラオス難民。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インドシナ難民の関連情報