コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インナーシティー inner city

翻訳|inner city

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インナーシティー
inner city

都市の中心部,旧市街地。またはそれらが衰退,荒廃する現象をさす。都市問題の一つ。1970年代以降,欧米先進国の大都市中心部では,若者を中心とした郊外への人口流出,高齢化,購買力低下住宅や施設の老朽化に伴う居住環境の劣悪化などの諸問題がみられた。地価が安く,低所得世帯の居住地域であるうえ都市機能の低下により地域社会(コミュニティー)が崩壊し,都市全体とのかかわりが断絶され孤立する。このようにしてスラム化が進行し活力が失われていく状態を「インナーシティー現象(問題)」と総称した。日本では,東京都心の 3区(千代田区,中央区,港区)や大阪府大阪市の中心部においてこのような現象がみられた。また 1995年の兵庫県南部地震では,住宅・商店工場が混在し木造低層住宅が密集する都市中心部での被害が顕著であったため「インナーシティー災害」といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インナー‐シティー(inner city)

過疎化などによって衰退しスラム化した、大都市の中心部にある区域。欧米では、こうした地区再生が問題となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

インナーシティー【inner city】

大都市の発達した中心地区の周辺に位置し、住宅・商店・工場などが混在する地域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インナーシティーの関連キーワードドックランズシカゴ学派周辺

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インナーシティーの関連情報