コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンティウス[1世] Innocentius I

世界大百科事典 第2版の解説

インノケンティウス[1世]【Innocentius I】

?‐417
ローマ教会の権威と勢力の拡大に功績のあった教皇。在位401‐417年。ローマ首位権をたてに,教会のあらゆる問題はローマの司教(教皇)の裁定にゆだねられなければならないと主張した。西方の諸教会にはローマへの服属を求め,東方との関係ではイリュリクムの管轄権を確保し,追放されたコンスタンティノープル主教クリュソストモスを擁護した。ドナトゥス派,ペラギウス主義などの分派や異端の撲滅に努力した。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

インノケンティウス[1世]の関連キーワードゾシムスインノケンチウス1世ジョンソン(Walter Johnson)後秦李暠ホモ・フロレシエンシス県内の酪農業地域ブランド暮しの手帖群馬の平成の大合併

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android