インノケンティウス[1世](英語表記)Innocentius I

世界大百科事典 第2版の解説

インノケンティウス[1世]【Innocentius I】

?‐417
ローマ教会の権威と勢力の拡大に功績のあった教皇。在位401‐417年。ローマ首位権をたてに,教会のあらゆる問題はローマの司教(教皇)の裁定にゆだねられなければならないと主張した。西方の諸教会にはローマへの服属を求め,東方との関係ではイリュリクムの管轄権を確保し,追放されたコンスタンティノープル主教クリュソストモスを擁護した。ドナトゥス派,ペラギウス主義などの分派や異端の撲滅に努力した。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android