インピーダンス・プレチスモグラフィ(英語表記)impedance pletysmography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インピーダンス・プレチスモグラフィ
impedance pletysmography

皮膚に張った電極から微弱で無害な高周波電流 (一般には周波数 20~100kHz,数 mAの電流) を体内に流し,同じく体表にセットした電極からその電流を検出して生体のインピーダンス (交流電流の流れにくさを表わす量) の変化を測定し,呼吸,血液循環,心拍出量,体内の水分貯留などに関する情報を得る検査法。プレチスモグラフィとは一般に内臓や肢体の体積の変化を記録する方法だが,このインピーダンス・プレチスモグラフィは重症者の呼吸の連続的監視,心臓機能の監視などに適しており,しかも生体に苦痛や害を与えない検査法としてすぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android