インピーダンス・プレチスモグラフィ(英語表記)impedance pletysmography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インピーダンス・プレチスモグラフィ
impedance pletysmography

皮膚に張った電極から微弱で無害な高周波電流 (一般には周波数 20~100kHz,数 mAの電流) を体内に流し,同じく体表にセットした電極からその電流を検出して生体のインピーダンス (交流電流の流れにくさを表わす量) の変化を測定し,呼吸,血液循環,心拍出量,体内の水分貯留などに関する情報を得る検査法。プレチスモグラフィとは一般に内臓や肢体の体積の変化を記録する方法だが,このインピーダンス・プレチスモグラフィは重症者の呼吸の連続的監視,心臓機能の監視などに適しており,しかも生体に苦痛や害を与えない検査法としてすぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android