コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インピーダンス・プレチスモグラフィ インピーダンス・プレチスモグラフィimpedance pletysmography

1件 の用語解説(インピーダンス・プレチスモグラフィの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インピーダンス・プレチスモグラフィ
インピーダンス・プレチスモグラフィ
impedance pletysmography

皮膚に張った電極から微弱で無害な高周波電流 (一般には周波数 20~100kHz,数 mAの電流) を体内に流し,同じく体表にセットした電極からその電流を検出して生体のインピーダンス (交流電流の流れにくさを表わす量) の変化を測定し,呼吸,血液循環心拍出量,体内の水分貯留などに関する情報を得る検査法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone