コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イースト・テキサス油田 イーストテキサスゆでん East Texas

1件 の用語解説(イースト・テキサス油田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イーストテキサスゆでん【イースト・テキサス油田 East Texas】

アメリカ,テキサス州の北東隅,ダラスの東方約20kmに位置する油田。究極可採鉱量は54億バレル(60億バレルとの報告もある)で世界第44位,アメリカではアラスカプルドー・ベイ油田に次ぐ第2位の油田である。1930年発見。油層は白亜紀の砂岩で,油は大きな傾斜不整合によって楔状に削剝もしくは尖滅した砂岩中に集まり,層位トラップと解釈されている。油層の厚さは北部で11.8m,中部で7.6m,南部で8m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イースト・テキサス油田の関連キーワードAMRオースティン北アメリカダラステキサスコットンボウルハガー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone