イーヴ ナット(英語表記)Yves Nat

20世紀西洋人名事典の解説


1890.12.28 - 1956.8.31
フランスのピアノ奏者。
元・パリ音楽院教授。
ベジエ生まれ。
別名Yves Philippe Nat。
コルトーの師ディエメールにパリ音楽院で学び、1906年主席で卒業。独奏者として広くヨーロッパで活躍。又室内楽でもヴァイオリンイザイチボーと組み名声を得た。後’37年パリ音楽院教授となる。特にベートーヴェン、シューマン、ブラームスの名演奏家として知られた。又作曲晩年まで行いピアノ協奏曲等を遺した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android