コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イ・ムジチ室内合奏団 イムジチしつないがっそうだんI Musici

世界大百科事典 第2版の解説

イムジチしつないがっそうだん【イ・ムジチ室内合奏団 I Musici】

1952年ローマのサンタ・チェチリア音楽院出身の楽人によって結成された室内合奏団。演奏は明るい音色と新鮮な表現に満ち,とくにビバルディの《四季》の演奏はビバルディの再評価とともにバロック音楽の今日の流行の先駆をなした。同楽団は指揮者をおかずコンサートマスターを中心に演奏が行われるが,その初代はスペイン出身のアーヨFelix Ayo(1933‐ )で,68年退団するまで同楽団の発展に尽くした。主にバロック音楽をレパートリーとしているが,モーツァルトなどの古典派の作品も手がけている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イ・ムジチ室内合奏団の関連キーワード古楽

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android