イ・ムジチ室内合奏団(読み)イムジチしつないがっそうだん(英語表記)I Musici

世界大百科事典 第2版の解説

イムジチしつないがっそうだん【イ・ムジチ室内合奏団 I Musici】

1952年ローマのサンタ・チェチリア音楽院出身の楽人によって結成された室内合奏団。演奏は明るい音色と新鮮な表現に満ち,とくにビバルディの《四季》の演奏はビバルディの再評価とともにバロック音楽の今日の流行の先駆をなした。同楽団は指揮者をおかずコンサートマスターを中心に演奏が行われるが,その初代はスペイン出身のアーヨFelix Ayo(1933‐ )で,68年退団するまで同楽団の発展に尽くした。主にバロック音楽をレパートリーとしているが,モーツァルトなどの古典派の作品も手がけている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android