コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィキ Wiki

マーケティング用語集の解説

ウィキ

Webコンテンツ管理システムのことで、閲覧者がHTMLの知識がなくても手軽にページを編集できるようになっている。ハワイ語の速い、急ぐ、形式張らないといった意味の「Wikiwiki」が語源

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィキ
うぃき
wiki

ウェブブラウザで不特定多数の人が共同でウェブページの発行、編集などができるシステム。アメリカのウォード・カニンガムWard Cunningham(1949― )が開発し、1995年よりインターネット上で運用を開始したウェブサイトシステムの「ウィキウィキWikiWiki」が原型となっている。「wikiwiki」は、ハワイ語で「すばやい」「急ぐ」などの意味がある。
 ウィキではサイトを訪れた人がページを新設したり、既成の項目を編集したりすることができる。HTMLの知識がなくても簡単に作成・編集ができるのが特徴で、多くの人々が書き込むことで知識や情報の集合体として活用することができる。反面、間違った内容や根拠のないことが書き込まれることもあり、その修正や削除をするのも利用者ということになる。
 ウィキのシステムや概念は、ネット上の「まとめサイト」(まとめWiki)などに利用されている。もっとも有名で利用者の多いサイトに、ネット百科事典の「ウィキペディア」がある。内部告発サイトの「ウィキリークス」もウィキを利用したシステムである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィキの関連キーワードクリントン氏陣営のメール流出問題ダニエル ドムシャイトベルク『知恵蔵』『イミダス』電子化オープンストリートマップソーシャル・レンディングレックス ティラーソンエドワード・スノーデンアンサイクロペディアジュリアン アサンジジミー ウェールズアダム ランバートクリス アイザックWikipediaイディナ・メンゼルウィキペディアンオルタニング現象マイケル ムーアトランピリークスハックティビストハックティビズム

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィキの関連情報