コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィダール反応 ウィダールはんのうWidal reaction

3件 の用語解説(ウィダール反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィダール反応
ウィダールはんのう
Widal reaction

チフス性疾患の鑑別と診断に用いられる,患者の血清と起炎細菌との間の特異的凝集反応で,発見者のフランスの皮膚科医 G.F.ウィダールドイツ微生物研究者グルーバーの名をとってグルーバー (Gruber) =ウィダール反応ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィダール‐はんのう〔‐ハンオウ〕【ウィダール反応】

チフス性疾患の診断に用いられる血清反応。患者の血清と病原菌との間で凝集反応が起こることを利用したもの。フランス人医師ウィダール(Widal)が考案。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ウィダールはんのう【ウィダール反応】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のウィダール反応の言及

【抗原抗体反応】より

…しかし,方法が簡単なので,一定の基準のもとに行えば多数の検体を短時間内に処理でき,その相対的定量,比較が可能である。腸チフスの診断に用いるウィダール反応はこの原理を用いたもので,これ以外にも現在でも臨床検査に広く用いられている。(2)絶対量の定量法 抗原と抗体が過不足なく反応する最適比のもとで得た沈降(殿)物中の窒素またはタンパク質量を化学的に測り,それから加えた抗原の量を差し引くと,用いた抗血清中の抗体の量をCGS単位で求めることができる。…

※「ウィダール反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone