ウィッティヒ反応(読み)ウィッティヒはんのう(英語表記)Wittig reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィッティヒ反応
ウィッティヒはんのう
Wittig reaction

(1) ウィッティヒ転位ともいわれる。強い塩基性試薬の作用により,エーテル類がアルコールに転位する反応。
(2) ウィッティヒ試薬 (アルキリデンホスホラン) を用い,カルボニル化合物からオレフィンを合成する反応。

(2)のウィッティヒ試薬の調製法

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android