ウィドール(英語表記)Widor, Charles Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィドール
Widor, Charles Marie

[生]1844.2.21. リヨン
[没]1937.3.12. パリ
フランスのオルガン奏者,作曲家。 J.N.レメンスにオルガンを,F.フェティスに作曲を学び,1870年から 1934年までカバイエ・コルの名器をもつパリのサン・シュルピス聖堂のオルガニストをつとめた。バッハ演奏にすぐれ,L.ビエルヌ,M.デュプレ,A.シュバイツァーの師。 1891年以降パリ音楽院のオルガンと作曲の教授。 10曲のオルガン交響曲ほか作品多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android