ウィリアム・グラハム サムナー(英語表記)William Graham Sumner

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム・グラハム サムナー
William Graham Sumner


1840.10.30 - 1910.4.12
米国の社会学者,経済学者。
元・エール大学教授,元・アメリカ社会学会会長。
ニュージャージー州パターソン生まれ。
1972年よりエール大学教授となり、’75年世界初の社会学講座を開く。マルサス、ケアンズ、スペンサー学派を代表する社会学者。自由放任論を説き、社会進化論の立場から社会制度、社会集団、慣習、モーレスの人類学的・文化社会学的記述を完成。社会が存続するために守られなければならない習俗をモーレスとよび、その解明に力を注ぐ。著作は「習俗論」「社会の科学」。アメリカの自由主義的社会学の旗手として帝国主義に反対する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android