コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソン[山] Mount Wilson

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルソン[山]【Mount Wilson】

アメリカ合衆国カリフォルニア州南西部,サン・ゲーブリアル山脈の山。標高1740m。南にサン・ゲーブリアル谷とロサンゼルス地域を見おろす。地中海式気候で晴天日が多く,カーネギー研究所によって1904年にウィルソン山天文台が設けられ,100インチ(254cm)の反射望遠鏡を有して天文学に貢献してきた。この天文台はパロマー山天文台とともに現在ヘール天文台と総称されている。山名は初代ロサンゼルス市長であり,1864年にこの山にロバ道をつくったベンジャミン・D.ウィルソンにちなむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android