コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘール天文台 ヘールてんもんだい Hale Observatory

3件 の用語解説(ヘール天文台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘール天文台
ヘールてんもんだい
Hale Observatory

アメリカ合衆国のカリフォルニア工科大学に所属する天文台ウィルソン山パロマ天文台が,1970年にジョージ・E.ヘールを記念してこの呼称に改められた。パロマ山天文台の 200インチ(508cm)望遠鏡や口径 122cmのシュミット望遠鏡(→シュミットカメラ)がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘール天文台【ヘールてんもんだい】

パロマー山天文台

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘール天文台
へーるてんもんだい
Hale Observatories

アメリカの天文台。ウィルソン山天文台パロマ山天文台をあわせてヘール天文台とよんでいたが、現在では別組織になっている。
 ウィルソン山天文台はロサンゼルスの北東50キロメートル、標高1742メートルの高地にあり、天文学者ヘールの尽力により1904年太陽観測所として発足、1917年に口径257センチメートル反射望遠鏡が完成、ハッブルの星雲の研究はじめ、恒星の内部構造と星雲宇宙の構造の研究などに成果をあげた。ウィルソン天文台は、カリフォルニア工科大学に所属し、同大学の研究者が運営・研究しており、カリフォルニア州との協力で口径10メートルの望遠鏡を2台建設し観測が進められている。
 パロマ山天文台はサン・ディエゴ郊外、標高1706メートルの地にあり、1948年に口径508センチメートルの大望遠鏡が設置された。これはヘール望遠鏡とよばれ、ソ連(現ロシア)の600センチメートル望遠鏡が完成するまでの28年間、世界最大の望遠鏡であり、その大集光力を利用して銀河の研究、恒星スペクトルの研究など、他の追随を許さない研究を進めてきた。ここには補正板口径126センチメートル、主鏡口径183センチメートルのシュミット望遠鏡もあり、6度角四方に写った数十万個の天体のなかから特異な天体を拾い出し、ヘール望遠鏡で詳しく調べるという共同作業が進められている。[磯部三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘール天文台の言及

【ウィルソン[山]】より

…地中海式気候で晴天日が多く,カーネギー研究所によって1904年にウィルソン山天文台が設けられ,100インチ(254cm)の反射望遠鏡を有して天文学に貢献してきた。この天文台はパロマー山天文台とともに現在ヘール天文台と総称されている。山名は初代ロサンゼルス市長であり,1864年にこの山にロバ道をつくったベンジャミン・D.ウィルソンにちなむ。…

【天文台】より


[アメリカの天文台]
 アメリカでもっとも古い天文台は,東海岸のハーバード天文台とワシントンにある海軍天文台で,ともに1832年の創設である。しかし大望遠鏡群は西部に集まっており,パロマー山天文台(1928年創設,現在はウィルソン山天文台を含めてヘール天文台という)の5mと2.5mの反射,1.2mのシュミット,キット・ピーク天文台(1960年ころ創設)の3.8mと2.1mの反射,リック天文台(1874創設)の3m,マクドナルド天文台(1939創設)の2.7mと2.1mの反射,それにホプキンズ山天文台(1979創設)の有効口径4.5m(1.7m鏡6個の複合系)反射望遠鏡などが,晴天の多い乾燥した西部の天候に恵まれて観測の実績をあげている。 大望遠鏡の国際的団地として,1970年以降急速な発展を見たのが,ハワイ島マウナ・ケア山の標高4200mの山頂である。…

【パロマー[山]】より

…この山にある200インチの反射望遠鏡をもつパロマー山天文台は,ロサンゼルス北郊のウィルソン山天文台とともに天文学者G.E.ヘールが創立した。現在は両者をあわせてヘール天文台と呼ばれている。カリフォルニア工科大学とカーネギー研究所による共同利用が行われている。…

※「ヘール天文台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘール天文台の関連キーワードカリフォルニア工科大学パサディナカリフォルニア米カリフォルニアカリフォルニア・ドリームカリフォルニア・レーズンデー夢のカリフォルニアカリフォルニア・バレエ団カリフォルニア・スパングルカリフォルニア大学バークレー校

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone