コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルモット Wilmot, David

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルモット
Wilmot, David

[生]1814.1.20. ペンシルバニア,ベタニー
[没]1868.3.16.
アメリカの法律家,政治家。メキシコ領買収に関する「ウィルモット修正条項」を提案 (1846) ,連邦下院を通過したが連邦上院で否決。連邦上院議員 (61~65) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルモット
うぃるもっと
John Wilmot, Earl of Rochester
(1647―1680)

イギリスの詩人、劇作家。第2代ロチェスター伯爵。チャールズ2世の宮廷に群がった放蕩(ほうとう)貴族の代表的存在。「青春と健康を放逸な肉欲生活で燃やし尽くした」(ジョンソン博士の評)が、夫人へ捧(ささ)げた美しい叙情詩でも知られる。ホッブズの哲学に基づく皮肉な人間観が、最大の野心作『人間風刺』(1675)などにうかがえる。[河村錠一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィルモットの関連キーワードグアダルペイダルゴ条約一八五〇年の妥協マルコム ページアイルランド演劇原子物理学自由土地党4月10日ホッブズ法律家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android