コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンドウズ7 うぃんどうずせぶん Windows 7

2件 の用語解説(ウィンドウズ7の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ウィンドウズ7

マイクロソフトのパソコン用OS、Windowsの最新バージョン。Vistaの後継バージョンとして、店頭パッケージが2009年10月22日に発売される他、同時期にMicrosoft Windows 7を標準搭載したパソコンの出荷も開始される。
搭載される機能の量と販売対象となる市場に応じて、6種類のエディション(版)が提供される。新興国市場向けの低価格エディション「Home Basic」(日本では発売されない)、ネットブック向けに機能を限定しOSの価格を落とした「Starter」、家庭向け機能の大半を搭載した「Home Premium」、Home Premiumにビジネス向けの機能を追加した「Professional」、企業での一括導入用にライセンス販売される「Enterprise」、すべての機能を搭載した「Ultimate」で、後者ほど多機能。日本でパッケージとして入手可能なのは、Home Premium、Professional、Ultimateの3種となる。
Windows 7はVistaをベースにしており、OSの核となる部分には手を加えず、タスクバーやウィンドウなどのユーザーインターフェースの操作、周辺機器の管理の仕組みなどの使い勝手を向上させる方向で開発が進んだ。複数の指で画面にタッチして様々な操作を行う機能もOS標準の機能として導入される。また、全体的な調整を行うことで、性能が低いネットブックでも実用的な速度で動作するという。
マイクロソフトによると、名称の「7」は7世代目のWindowsを意味するが、Windows 7では通常ソフトウエアの世代を表すバージョン番号が「6.1.7600」(発売当初)となっており、製品名とは一致していない。

(斎藤幾郎  ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ウィンドウズ7

2009年10月に発売された、ウィンドウズの7世代目です。ウィンドウズVistaをベースに、高いセキュリティ性能を保ちつつ、使い勝手を向上させる工夫が盛り込まれています。Vistaより動作が軽く、性能が低めのパソコンでも処理が遅くならないよう改善されています。日本では、機能の少ない順にホームプレミアム(家庭向け)、プロフェッショナル(ビジネス用途向け)、アルティメット(全機能)の3エディションがパッケージ販売されました。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィンドウズ7の関連キーワードマイクロソフトOS2マイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスワードマイクロソフトワードマイクロソフトアイエムイー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンドウズ7の関連情報