ウィーンの放射式(読み)ウィーンのほうしゃしき(英語表記)Wien's law of radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーンの放射式
ウィーンのほうしゃしき
Wien's law of radiation

温度 T黒体放射のエネルギースペクトル u(ν,T) に対して,1896年に W.ウィーンが理論的に求めた関係式 u(ν,T)=(8παν3/c3) exp (-βν/T) をいう。ただし ν は熱放射の振動数,c は光速度。この式のなかにある定数αとβを適当に選ぶと,実験値をある程度まで説明できた。特に低温かつ高振動数の領域でよく一致した。しかし,実験技術の進歩に伴い,高温かつ低振動数の領域において実験値と大きく違うことが明らかになった。 1900年に M.プランクが与えた正しい放射式 (→プランクの放射式 ) からみれば,ウィーンの放射式は1つの近似式になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android