ウェストファリアの講和(読み)ウェストファリアのこうわ(英語表記)Peace of Westphalia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェストファリアの講和
ウェストファリアのこうわ
Peace of Westphalia

1648年 10月 24日に調印され,三十年戦争を終結させた講和条約。ウェストファリア地方の都市ミュンスターで神聖ローマ皇帝フェルディナント3世フランスとの間に結ばれた条約と,同じくオスナブリュックで同皇帝とスウェーデンとの間に結ばれた条約とを合せてこう呼ぶ。そのおもな決定事項は,(1) フランスはアルザスの大部分を獲得し,スウェーデンは西ポンメルンとブレーメンをはじめ北部ドイツの沿海地域の要地を獲得すること,(2) ドイツの諸侯の領邦主権を確認すること,(3) アウクスブルクの和議を再確認するとともに,これをカルバン派へも適用すること,(4) スイス連邦の独立を正式に承認することなどである。これによって神聖ローマ帝国の政治的分裂は決定的となり,ヨーロッパ国際政治におけるフランスのヘゲモニーの基礎が固まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android