コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェタル島 ウェタルトウ

デジタル大辞泉の解説

ウェタル‐とう〔‐タウ〕【ウェタル島】

Pulau Wetar》インドネシア東部、モルッカ諸島南端の島。ウェタル海峡を挟んでティモール島の北約60キロメートル沖に浮かぶ。密林に覆われ、周囲をサンゴ礁に囲まれる。ナマコ、べっこうを産する。主な町は南岸のイルワキ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェタル島
うぇたるとう
Wetar

インドネシア、モルッカ諸島南端の島。ウェタル海峡を挟んで南にチモール島がある。東西約128キロメートル、南北約44.8キロメートル、面積約3600平方キロメートル、人口約1万。全体的に山がちで密林に覆われている。農業の開発は後れており、集落は沿岸部に立地して漁業への依存が目だち、主要産物はナマコ、べっこうなどである。中心集落は南岸に位置するイルワキ。行政上はモルッカ州のアンボン区に属する。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウェタル島の関連キーワードスンダ[列島]マルク州アピ火山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android