コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェタル島 ウェタルトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェタル島
うぇたるとう
Wetar

インドネシア、モルッカ諸島南端の島。ウェタル海峡を挟んで南にチモール島がある。東西約128キロメートル、南北約44.8キロメートル、面積約3600平方キロメートル、人口約1万。全体的に山がちで密林に覆われている。農業の開発は後れており、集落は沿岸部に立地して漁業への依存が目だち、主要産物はナマコ、べっこうなどである。中心集落は南岸に位置するイルワキ。行政上はモルッカ州のアンボン区に属する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウェタル島の関連キーワードティモール島クアタウン黒砂海岸タンジュンルーの洞窟ハンディクラフトカルチャーミュージアムバリ島マスリ王女の墓プルフンティアン島ペナン島レダン島

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone